“がんばって全部自分でやろうとして、
 疲れきって不機嫌をまき散らしている人よりも、
 上手に人にお願いして、忙しい中でもゴキゲンを保つことのできる人のほうが、
 周囲はずっと気持ちがいいということに気がついてください。”
“決して分かり合えない人間がいると悟ったもう一つの契機は、1993年3月、日本に帰国して、大学に合格した直後のことだった。「大学に入学したら何かとお金が必要だ」と考えた私は、自宅からすぐ近くにある引越し屋でバイトを始めた。私はその引越し屋で、RとKという2人の社員との組み合わせで仕事をすることが多かったが、RとKが語る話の内容は「焼肉」「風俗」「借金」「競馬」「パチンコ」「会社へのグチ」がほとんどだった。
 引越し屋で初めて彼らに会った瞬間、私はKから「お前、何でウチで働くんだ?」と聞かれた。「4月から大学に入るので、その前に働いてお金を用意しようと思っています」と答えたところ、「ケッ、エリートさんかよ」という答えが返ってきた。そして、
「あのよぅ、ウチはエリートさんなんていらねぇんだよ、バーカ」
 と続けざまに言われた。私はなぜか「すみません」と謝った。トラックの中でRとKと一緒にいる時間は辛かった。話しかけられるのは、「缶コーヒー買って来い」「お前、さっきの家でチップいくらもらった?」「さっさと外に出ろ」「次のバイト代、お前を世話してやってるオレに半分よこせ」だけである。
 他の時間は、RとKが「焼肉」「風俗」「借金」「競馬」「パチンコ」「会社へのグチ」について語っているだけで、私は会話に参加できなかった。ある時、冷蔵庫を運んでいて、あまりの重さに私が「ヒーッ!」と声を上げたところ、Kは、
「ケッ、これだからエリートさんは使えねぇんだよ」
 と舌打ちした。
 企業の引越しのように大規模な作業をする際は、応援の人間が現場で待っている。中国人の留学生が多かったのだが、RとKはその現場に向かう時、「なんか今日はニイハオだらけらしいぜ」「うぜえな、ニイハオかよ」などと言っていた。「ニイハオ」とは、言うまでもなく中国語の「こんにちは」だが、彼らにとっては「中国人アルバイト」の意味であり、明らかに差別意識を込めて使っていた。彼らは現場に行っても、
「おい、ニイハオ、てめえさっさと働け。日本語分かってんのかよ、バカヤロウ」
 などと平気で口にする。そして私には、
「おい、エリートさんよぅ、お前、これまでお勉強ばっかしてきたんだから、中国語くらい分かるだろ。ニイハオのバカどもに、グータラするなと伝えとけ」
 と言った。この時は一瞬だけ、ついに自分もRとKから認められたかと思って嬉しくなったが、もちろんそれは錯覚だった。実は当時の私は、現場で会う中国人留学生たちと話が合った。彼らは大学生だったので、私は大学生活で必要なことをいろいろと教えてもらい、RとKとの会話よりもはるかに実りが多く、共感する部分も多かった。
 しばらくその引越し屋でバイトを続けたものの、RとKから飛んでくるのは万事、「てめえ、さっさとやれ!」だの「エリートさんは使えねえ」といったセリフばかりだった。当時の私は、極端な考えだとは思いながらも、「引越し屋とは分かり合えない」と割り切ってバイトを辞めた。もちろん、今の私は、引っ越し業をしている人にいい人が多くいることも知っているし、RとK以外で仲良くなれた社員もいた。
 しかし、この経験がきっかけで、前からうすうす感じていた「人類皆兄弟というのはウソだ」という思いが確信に変わった。そして、人生の限られた時間、全員と分かり合う努力をするよりも、自分に合った人を求めることに時間をかける方が重要だと考えるようになった。”
“実家で生活していた頃、天ぷらのとか揚げ物の日はいつも母が揚げたてをテーブルに運んでくれて、まだ揚げてる最中なのに「揚げたてを食べて」って言ってくれて、母自身は僕と父が食べきれなかった分を食べてたんだけど、あれすごいな。僕はそういうのできないかもしれない。”
“やはり深刻なソフトウェアエラーが出たときに「ケイサンフノウデス!!」と音声が鳴って煙を噴いて爆発してこそ真のハイテクマシンであり、中途半端にブルースクリーンになったりゼロ除算エラーが出たり文鎮化するようなへっぴり腰マシンでは人生をかけるに値しない”
“Web制作を志望してくる若い人が「モノづくりに携わりたい」と、Web制作をモノづくりと見ているんだよね。Web制作がサービス業であり、顧客へのサービスの現れがWebサイトという手段・手法であるだけなのを理解させるのは、わりと難事業。”

お互いに好きとわかりつつ、告白はまだみたいな状態だった
彼は「するなら俺から告白したい」とか言っていた人
しかし余りにもヤキモキとした曖昧な関係が続くので、電話した

私「●●から告白された!」

彼「え!そ、そっかぁ」


私「凄いいい人でイケメンなんだけど」

彼「そ、そっかぁ………付き合うの?」

私「お前いい加減にしろよ!私はお前が好きやから断ったわ!お前はどうやねん、
  好きなんか!嫌いなんか!告白するんか!せんのか!せんなら私からするぞ!」

彼「好きですごめんなさい告白します、
  させてください告白は僕からさせてください大好きです」

次のデートで告白されました
友人からは

「脅迫じゃんw」

と言われましたが結婚しました

“最も、都会にしか住んだ事の無い人ほどやたら環境保護を言いたがる傾向が強いようで、田舎育ちでもある自分の周りで環境保護を声高に叫ぶ人なんてほぼ皆無。もちろん守るべきものは守るけど、それ以上叫んだところで、「何言ってるの?」で終わってしまう。自分でできる範疇の環境保護で良いのである。”
Twitter / masa_shimofusa (via darylfranz) Permalink修正しました (via poochin)
“【10位】自動車の騒音を大きくするために、100万円以上費やして改造する人もいる

――音が大きいほどカッコいいと思われており、トラクター3台分よりうるさい車もある。しかも、そのような車はいずれもいい車で、オーナーは車好き。

【9位】果物や野菜が肉より高い

――スーパーでは、野菜や果物の価格が鶏肉の3倍程度。このため、日本に長期間滞在すると太る。

【8位】日本の警察や役所などの権力機構はとても優しく、本当の公僕

――警察官は気さくで優しい。文句を言っても何もされないし、逆に謝られることさえある。

【7位】日本の山にはクマがいる

――毎年、クマが人を襲ったなどのニュースが流れる。クマを殺すのは違法ではないので、クマ狩りに行って皮や熊胆を取っても問題ない。殺されても知らないが。

【6位】冬の気温は0度程度までしか下がらないのに、ものすごく寒い

――中国東北部に比べれば気温は高いはずなのだが、マイナス30度ぐらいに感じる。海に囲まれて空気が湿っているのと、暖房が弱いため。

【5位】東京では中国語が飛び交っている

――3回東京を訪れた印象では、中国人が多すぎる。電車ではどの車両にも2~3人乗っている。新宿や新大久保の路上では、中国各地の方言も聞ける。

【4位】動物が手厚く保護されている

――ノラ猫にエサをやる人が多く、川に行けば野生のツルやカモ、ハクチョウを見ることができる。道路を渡るカルガモのために渋滞したり、警察が出動したりする。

【3位】自殺、過労死が日常的に発生している

――過労死や自殺がよく報道されている。自殺では家族を道連れにすることもある。まじめで責任感が強いことや、他人に迷惑をかけたくないという国民性が関係している。

【2位】国の指導者や政治事件について、みんな言いたい放題

――日本のテレビ局は毎日、必ず指導者を批判している。評論家や司会者ははばかりなく批評したり、秘密を暴いたりしている。

【1位】巨大で頭の良いカラス

――全身が漆黒で、中国のカラス2羽分ほどの大きさがあり、とても恐ろしい。知能が高く、くちばしでゴミ袋を簡単に開けるため、日常的にゴミ捨て場を荒らす姿が見れる。日本人が動物を殺さないのをいいことに、人を怖がらず、果ては人まで襲うこともある。”
“当ブログで何度か書きましたが、
マスコミが一斉に同じ事を言う場合は
それはそういう方向に世論を誘導したいということであり、
しかも日本のマスゴミが皆同じ事を言う場合は
「それは日本にとって正しくない選択肢である」
というのが過去の例からの結論です。”
“世界中が中国との価格競争に負けて全世界需要の97%を中国が生産する状態になっていた

2010年の漁船衝突事故をきっかけに、中国がレアアースの禁輸措置を取る

市場のレアアースが急激に減少してレアアースショックが発生、価格が高騰

中国のレアアースが使えなくなった事で、競争に負けていた他のレアアース鉱山の価値が向上、採掘・取引開始

わずか数ヶ月で元の価格水準まで下落

中国のアドバンテージ消滅

下落している状況で禁輸を解除するとダブついて更に下落するので、中国は禁輸を解除できない

在庫の山

在庫がある間は次を掘れない

中国のレアアース工業団地は壊滅、ゴーストタウン化”