“ 世界一短い小説については諸説あるが、ヘミングウェイが句読点を含んでわずか6語で書き上げたものが最短であろう。
 For sale: baby shoes, never worn.
 わずかこれだけである。
 日本語に訳すとこうなるらしい。
「赤ちゃんの靴売ります。未使用。」
 しかしこれだけの文字が、読む人の想像をいろいろとかきたてる。現代日本であれば「誕生祝をもらいすぎちゃって、余ったから」もありうるが、第一次、第二次世界大戦下を生きた彼の時代を考えると、生まれてしばらくして死んだ赤ちゃん、の存在を想定せざるを得ない。そもそも「新品」とは書いていないのだ。「未使用」。newにすればさらに1語減らすことができる。しかしnever wornとすることにより亡くなった赤ん坊、そして辛い思い出を忘れようとする両親を想起することができるのだ。そしてこの6語自体は、多分バザーに並べた品の説明なのだろう。
 「この靴、いただけますか」「どうぞどうぞ。お子さんがお生まれに?」「ええ、、、ひょっとしてあなたは」「残念ながら」「お気の毒に。うちの子が靴を履いたところを一度ご覧になりますか?」なにかこんな会話が続きそうだ。
 それが縁で付き合いができて、やがて今度生まれた子供は元気に育って、靴を買っていった子と遊んでいる、そんな光景すら想像できる。never wornという表現の寡黙さは、悲しみとともに、いつかは幸せにね、という願いすら喚起するもののようだ。
 また、この小説の呼び起こす感覚は普遍性の高いものらしい。なにしろ現代日本でもこの小説の続きは語られているのだ。
「お年玉です。伊達直人。」
 孤児院に匿名で贈られたランドセルに添えられた短い手紙だが、これについてもヘミングウェイに対してと同じような感情を呼び起こされる。死んだ子どもの年を数え、そういえば今年は、と気が付いた、そんなとき近所の孤児院が目に入ったのだろうか。あるいは送り主自身、孤児で寂かった気持ちを思い出したのか。
 しかしながら、これは小説ではない。「お年玉です。伊達直人」という文字だけでは伝わらないことが多い。ランドセルの画像が必要になる。また孤児院の前に置かれたという場所が提示されなければならない。伊達直人がタイガーマスクの正体という知識がないと効果半減である。
 つまり前提が多すぎるのだ。だからこれは小説ではなくむしろ「自由律俳句」と言った方がよかろう。「伊達直人」は本歌取りのようなものと解釈するのが妥当か。積まれたランドセルの写真の反歌、と考えれば立派な詩である。
 冒頭のヘミングウェイのほかに「最短の小説」の候補として、日本の短編小説の代表者、星新一が紹介し、インスパイアされて本一冊分の小説を書いてしまった
「地球最後の男が部屋にいた。そこにノックの音が……」
というものをあげることもできよう。しかし、これは星新一自身書いているように「怪談」である。それは怪談も立派な小説である。しかしこれでは「落ちはなーんだ」と問うているように見える。だから読者は「クイズ」と受け取ったようだ。代表的な答えは「それは地球最後の女だった。」これではヘミングウェイと比べるわけにはいかない。
 ヘミングウェイがこの世界一の短編小説を書いたのは、6語で小説が書けるか!と賭けを持ち込まれての返答らしい。私はこの賭けの相手も評価したい。負けたくないという理由で笑い飛ばすことも可能だったはずなのに、潔くこのバザーの出品説明を小説と認めた。6語の中に小説を認めたこの人の感覚は見過ごしてよいものではないと思う。
 なぜ認めたか。それはこの6語が強烈なイメージを喚起したからだ。自分の中から物語を引き出したからだ。だから、この小説はすべての小説家、読者、および小説家志望の人間に「小説が小説であるために必要なことは何か?」を提示したのだ。
 後年ヘミングウェイがこの6語の小説を「自分の最高傑作だ」と言ったのは、もちろんジョークだろう。しかし彼が本作品を書き上げ「よし、この6語は小説になった」と確信したときの小説家としてのアイデンティティの高揚、これはひょっとしたら生涯最高の興奮だったかもしれないという気はする。すくなくとも1語のあいまいさも含まない完成度を達成した満足感は絶後のものだったろう。 「服」ではなく「靴」だからこそ、生まれてしばらく元気だったことがわかるのだ。喪失感を醸し出すためには、not wornではだめなのだ。neverでなくては。”

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/15(金) 04:30:18.84 ID:M/Ig//dK


海自の潜水艦って日米合同演習で米空母を撃沈(判定)したんだよな


821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/15(金) 04:32:02.99 ID:9Q00fWM1»812 


よくイージスの網かいくぐったなw
アルペジオでもやったけど潮流を利用して完全無音移動して
察知されなかったのかな?


834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/15(金) 04:33:46.47 ID:M/Ig//dK»821 


確か潮の流れを計算してエンジン止めて流されてという戦術使ったとか


843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/15(金) 04:35:22.85 ID:stwQgA42»812 


まじかー?と思ってググったらマジな上、もっとアホな話がポンポン出てきた。 自衛隊すげぇ。


852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/15(金) 04:37:47.10 ID:M/Ig//dK»843 


海自以外でもこれはパイロットが変態レベルだからかもしれんが、模擬戦で空自のF104が F15を撃墜したりと何かとおかしいw


849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/15(金) 04:37:25.82 ID:stwQgA4


・共同演習で何度も米軍の空母に撃沈判定を食らわせる。その上普通生き残れない潜水艦が、演習終了まで生き延びてしまう。

・海自の潜水艦がアメリカの原子力空母の至近距離まで近づき、気付かれずに潜望鏡を上げ、「甲板上で談笑する乗組員の表情が見える写真」の撮影をした。
etcetc…


862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/15(金) 04:40:24.51 ID:fqat/wKB »849 


忍者かこれ

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/15(金) 04:47:34.86 ID:stwQgA42 »868 


陸自でも
・90式戦車をアメリカで性能試験をしたとき、百発百中過ぎて「外さないと命中精度が計測できない」と怒られた。

・野砲ですら命中精度が高く、「野砲の特殊部隊を作ってどうするんだ?」と言われ、「彼らがベトナムに居てくれれば、若者を無駄死にさせる事は無かった」と泣かれた。

・M1開発チームが来日し90式の実車を三菱と陸自が真っ青になるまでいじり倒して言った言葉。

「90式の欠陥はふたつ。一つはにスイッチ類がアメリカ人戦車兵にとって小さい事。 もうひとつは我々が作れなかった事だ」
なんて話もある。

“こないだ俺と友人(双方男)でTVを見ていたら、
小さい子供がお菓子を我慢できるかみたいな実験をしてたんだ。
何分か我慢できたら、もう1つお菓子を貰えると言い聞かされて、
それでも食べてしまう子が多かったんだけど、それを見ていた友人が突然号泣し始めた。

さわやか体育会系の友人が泣いた所なんか見た事無かったので、
ちょっと落ち着くまで待ってから理由を聞いてみた。

嗚咽を漏らしながら、それでも話してくれた内容だが。
友人が中学生の時、年の離れた妹を保育園に迎えに行ったら
「おにーちゃんにあげる」と握り締めて半分融けかかったチョコの包みをくれたんだそうだ。
「ありがとう、でもどうしたの?」と聞いたら
「おやつに2こもらったからはんぶんこ!」と言っていたそうだ。
その時はその時で、心から「ありがとう」と言っていたんだけど、
さっきのTVを見ていたら、小さい子がおやつ我慢して分けてくれるって
凄い事なんだなと気付くと同時に
小学校に上がる前に病気で亡くなってしまった妹さんの事を思い出して、号泣してしまったそうだ。

それを聞いて俺が号泣してしまって、友人に慰められてしまい、
慰めてるうちに友人が号泣という連鎖になり、何故か最後は二人で泣き笑いになってしまった。

数日後、「久しぶりに妹の夢が見れた」と笑っていた友人。
「なんだよ~、紹介しろよ~」とふざけて切り返したが、
何度俺を泣かせるつもりだこの野郎とつっこみを入れたかった。”
“よくある海上生活についての勘違い:ずっと磯臭いんじゃないの? → 磯臭いのも潮臭いのも陸地が近くて海が豊かなおかげだ。海の上は無臭だぞ、何しろ栄養が足りなさすぎて植物プランクトンさえ居ないよーな海もあるからな。”
“イカに関して、「イカは人工的な飼育ができない唯一の生物」と発言していたこともあり、1975年に松本元がヤリイカの飼育に成功したことを知ったときは、来日して実際にイカが水槽内で生きている様を一週間見届けるまで信じなかったという。また、その水槽を「全ての水産生物の未来を変える」と評した。”
“DMMは艦これがヒットした後にアホみたいに艦これのコピーのゲームを出し続けているところに好感が持てる。祖母の仕送りに「これ美味しかったよ」と報告すると延々同じ物を送ってくる現象と似ていて親近感が湧く。”